皆さんは、スズメのヒナが巣から落ちている場面に遭遇したことはありますか?

そんな時、あなたならスズメを保護しますか?

今回は、もし巣から落ちたスズメのヒナを発見した時に、保護するほうが良いのか?

もし、スズメを保護した場合、エサはどうするのかについて考えていきたいと思います。

スズメの保護について

もし、巣から落ちているスズメのヒナや、ケガをしたスズメを発見したときは、どうしたらいいのでしょうか?

スズメは警戒心の強い、臆病な鳥です。

ヒナの場合は、まだ元気なら、ヒナの声を頼りに親鳥がエサを運びにやってくる可能性があります。

ヒナをネコやカラスといった天敵に見つかりにくそうな場所にそっと置いて、一度離れて様子を見るほうがいいでしょう。

ケガをしたスズメでも、ケガの度合いによつては、自力で復活出来る場合もあります。

スズメは臆病なので、人の手に捕まったことで、ショックを起こして命を落としてしまう可能性もあるからです。スズメ 保護 餌

スズメを保護した場合の対処。エサは?

スズメの体温は、約40℃とやや高めです。

まずは、スズメの体温を下げてしまわないように、自動温度調節器などを使って、体温の保持につとめましょう。

そして出来るだけ早く(30分以内に)、エサを与えます。

エサは、すりエサ・ミルワーム(虫)・ボレー粉(カルシウム)・青菜(小松菜が理想)を組み合わせて与えます。

パンや牛乳は与えません。

そして、スズメの首のあたりにある消化器官の一つで「ソノウ」と言われる、食べたものが一時的に保管される袋を確認しながら、食べ物が無くなっていたら、その都度与えます。

ヒナの場合、かなり頻繁に与えることになります。場合によっては30分毎に与えないといけないけないことも。

そして、病院の開いている時間なら、獣医さんに相談しましょう。

スポンサードリンク

まとめ

小さな体ではありますが、スズメのヒナが親鳥から与えられるエサの数は何十万回となります。

それだけ食べることによって、成長していくのです。

スズメは身近な鳥でありながら、わからないことがたくさんある鳥です。

親鳥より完璧なエサを与えられるということは、けっしてないので、スズメの保護については、慎重に確認してから行わないといけませんね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事