もしも、弱っているスズメなどを見つけたら、どこで許可を取り保護をすれば良いのでしょ

うか。いざと言う時に、役に立つ情報です。

スズメの保護に関する法令について

初めに法令について記載したいと思いまが、法令では、疾病による保護を要する鳥獣の保護を認めています。

例えば、ガラスにぶつかって怪我をしているスズメなどは、法令で保護することを許可しています。

逆にこのようなケースに対しても保護禁止になれば、救えないスズメなどがでてきてしまいます。

人としては、法令にも記載している通り、怪我をしたスズメを助けたいと考えるのが普通です。

やはり法律とは、どのような事があっても対応できるように、構築されているんですね。

スズメ 保護 許可

具体的にどこに許可を取ればよいか

では、実際にスズメを保護するには、どこに許可を取れば良いのでしょうか。

実は、環境大臣又は、都道府県知事申請書等の書類の提出が必要です。

こうする事で法的にスズメなどの鳥獣も合法的に保護することができます。

もちろん、怪我がひどくて時間がないような場合などは、とにかく保護する必要があると思います。

このようなケースでは、最初に保護して獣医師に見せる事が優先されます。

大切なことは、一番にスズメなどの保護を目的に行動しているかどうかです。

スズメを捕獲して、傷を負わすようなことがあってはなりませんね。

ですから重要なのは、その考え方であって法律的には、保護を目的とする場合には、環境大臣や都道府県知事に申請書を出せば許可されます。

スポンサードリンク

まとめ

よく弱っているスズメやその他の鳥獣を見ることがありますよね。私は常々このようなスズメなどを助けたいと考えていました。実際に獣医師に見せに行ったこともあります。その時は申請書類の提出よりも、スズメを助けたいと考えて早い対処をしたのを記憶してます。

みなさんもこれからは、合法的で迅速な対応をして弱った自然の生き物を助ける心の余裕が必要だと思います。助けた後は、人として良いことをしたと思いますし気分的に良いものです。みなさんも、是非同じような経験をしてもらいたいです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事