地面をウロウロしている雀の子供。巣から落ちたのかな?

拾って保護すべきか、そのままにしておくべきか悩んでしまいますよね。

そんな状況に出くわした場合の対処法をみていきましょう。

雀 子供 拾った

雀の子供は拾っていいの?

巣の中で親鳥が運んでくるエサを待つ雛鳥。

日々の成長でどんどん動きも活発になり、ついうっかり巣の下へ落ちてしまうことも。

また巣立ちの為に飛ぶ練習をしている最中、なかなか上手に飛ぶことの出来ない小鳥が地面をピョンピョコ跳ねている光景に出くわすこともあるでしょう。どちらの状況においても私たち人間が安易に手を差し伸べることは自然界で生きていく彼らの妨げにしかなりません。

しかし中には親鳥とはぐれてしまったり、ケガをしていたりと保護を必要とする幼い鳥もいることでしょう。

もし落ちている雛を巣に返してあげる場合は、衛生面を考慮し手袋をしてから優しく戻してあげてください。

一時的に保護する場合。念のために各都道府県の鳥獣保護を専門とする機関を調べ、問い合わせてください。

人間かむやみに野生の鳥を捕獲して生態系を壊さないために『鳥獣保護法』という法律があるので、保護目的でも許可が必要とされます

さて保護した後、最初にすべきは栄養補給。弱っている可能性があるのでいきなりエサを与えず、水分から徐々に補給してあげましょう。

ぬるめの水やスポーツドリンク、砂糖やハチミツをぬるま湯に溶かしたものなどをスポイトにとり、1滴2滴くちばしにつけてあげると飲み始めるようになります。

人間が飲む刺激の強い飲み物は控えてくださいね。

エサを食べるようならば、小さな昆虫やミルワームなどを少しずつ与えてみましょう。

くれぐれも雀の体調をみながらゆっくりと。

もしケガをしていたり、明らかに病気であるようならば早めに専門医を受診することをお勧めします。

スポンサードリンク

まとめ

徹底的に人の手で育ててしまうと、自然界に戻りづらくなり自力で生きていくことが困難になります。野生にかえす前提で保護するならば、ある程度の知識と距離をもってお世話をしましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事