すずめに稲を食べられたりすることで、稲を育てている農家の人には、本当にすずめが害鳥になっています。

虫を食べてくれることもありますが、稲をすずめから守ることも大事なことですよね。

すずめによる稲の食害を減らすためにも、すずめをどうにかできないものでしょうか。

稲をまもるためのできる対策を調べました。

稲を守るためのすずめ対策は?

すずめによる稲の食害を防ぐに方法として、一番効果があるとされているのが田んぼを覆う防鳥網のようです。

網目も細かくて田んぼ一面を覆うような大きな網にするのがいいようです。

それでも、網目から稲穂が飛び出していればそれを食べられてしまいます。

防鳥網の効果を高めるには、網目の大きさが10mmぐらいのものがいいようです。

20mmになってしまうと、ときおりすずめがすり抜けることもあるようです。

さらに、地面と防鳥網の間に隙間を作らない工夫が必要です。

多少地面に長めに網を垂らして、もぐれないようにしましょう。

そして、網がたるまないように張ることも大切なようです。

すずめ 稲 対策

そして、昔から使われている効果音などもよく使われているようです。

大きな音にすずめはびっくりするようです。すずめは警戒心が強く臆病だといわれています。

すずめの天敵になるのは猛禽類のタカやワシ、フクロウなどです。

これらの猛禽類の鳴き声をまねた威嚇音もすずめを近寄らせない方法として使われるようです。

稲を守るための対策は、一つだけではなく他の方法も取り入れて、同時進行で対策している農家の人もいます。

網を張って、さらにキラキラ光るテープを田んぼ一週分は張り巡らせることがいいようです。

光るテープは風に舞うヒラヒラと動き太陽の光をよけいに反射させます。テープは金や銀の色を選びましょう。

スポンサードリンク

まとめ

多くの農家の人が試行錯誤ですずめ対策に追われているようですが、昔ながらの案山子もまだ使われているところがあります。案山子はより人間に近いものを用意するのがいいですよ。そういう意味ではマネキンもおすすめなようです。スズメも慣れてくるので、毎日同じ場所に設置するのではなく、あちこちに移動させる必要があるようです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事