スズメといえば、私たちにとってはもっとも身近にみられる野鳥の1種かもしれません。とても身近な存在でありながら、その生態はまだ謎に包まれている部分が多いです。

今回は、そんなスズメたちの睡眠や寝る時間について調べてみました。

スズメの生活

スズメはとても警戒心が強く、そのため大半を群れで生活しています。食事の時は見つけたエサがたくさんあれば、大きな声で仲間に知らせて一緒に食事をし、その間も気を緩めることなく周囲を警戒しながら食べます。

また、就寝する時も群れで寝ることが多いです。

すずめ 寝る 時間

スズメの寝床

夕方になると、街路樹周辺に無数の小鳥が集まり、とても賑やかに鳴いているのを耳にしたことのある人も多いことでしょう。スズメ達の集団ねぐらです。数十羽から約数百羽ものスズメが一斉に集まって集団で睡眠をとります。

このような集団に来る個体は、その年に生まれた若いスズメが多いとされていますが、若鳥だけではなく成鳥も多くいるようです。ただ成鳥になると、それぞれが住み着いている場所で寝る鳥もいるそうです。

寝る時間

スズメに限らず野鳥の睡眠時間は、太陽の日照時間などと関係している傾向にあるようです。夏の日照時間が長い期間は、だいたい朝4時くらいには起きて夜の7時半くらいまで起きて活動しているようです。

一方、日照時間が短い冬の間は、だいたい太陽が沈んでしまう時間には就寝し、朝も6時くらいまで寝ているようですよ。スズメなど、夜行性以外の鳥は夜間光がないと目が見えません。

スポンサードリンク

日照時間の影響のほか、羽の生え変わり時期には夕方早めに休み、朝も遅くまで寝ている傾向にあるそうです。鳥類にとって、羽の生え変わりは体力をかなり消耗する大変な時期なのそうです。そのため、その時期にはかなり疲れてしまうのでしょうね。鳥たちも結構大変そうです。

まとめ

いかがでしたか?

スズメたちの寝る時間は、日照時間や健康状態、羽の生え変わり時期などによって左右されることがお分かりいただけたのではないでしょうか?

集団ねぐらの近くにお住まいの方は、毎日夕方賑やかで、またそのフン対策も大変かもしれませんね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事