スズメは私たちにとって身近な野鳥です。どこにでもいますが、とても警戒心が強く、近づけばすぐに逃げて行ってしまいます。そんなスズメをペットにしたいという人もいるかもしれません。

スズメはペット販売されているのでしょうか?

スズメを捕まえる

実はスズメは鳥獣保護法によって保護されています。そのため、捕獲することは原則として禁止されています。

ただ、狩猟による捕獲と許可による捕獲の場合は違法にはなりません。どうすればよいのでしょうか?

すずめ 販売 ペット

狩猟による捕獲

狩猟による捕獲の場合、狩猟免許の取得と毎年狩猟前に登録をする必要があります。その免許にも、トラップや網を使う方法、銃を使う方法など細かく分かれています。

自分にあった免許を取得して事前に登録すれば、決められた時期、禁止された場所には入らないなどの方法で捕まえることができます。この場合はペットとして飼育しても良いとされます。

許可による捕獲

研究目的や愛がん飼養、保護などの場合がこれにあたります。捕獲許可の申請をして、その後許可された範囲、許可された時期、適切な方法(毒薬など以外の方法)でのみ許可されます。

ヒナを保護する場合にはそんな事をしている時間がありませんが、その場合は獣医さんに連れて行って相談すればよいでしょう。治療を行った後に許可が下りることがあります。

スズメの販売

このようにスズメを捕まえるためには色々な申請を行う必要があります。スズメを捕まえたいわけではなく、ただ販売されているスズメを飼いたいという場合がほとんどかもしれません。

しかし、保護されているためペットとして販売されることはないと言えます。

スポンサードリンク

詳細は問い合わせ

ペットとしてのスズメ捕獲や飼育に関する詳しい情報は、環境省へお問い合わせください。野生動物に関する法律や規則は時代と共に変化していきます。

きちんと確認しておけば、思わぬところで法律に触れる心配はありません。

まとめ

いかがでしたか?

とても身近な存在でありながら、ペットにしたり捕まえたりするためには多くの手続きが必要だということが、お分かりいただけたでしょう。

スズメを飼う場合には、正しい手続きを行ってくださいね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事