スズメの繁殖期は、年に2回や3回もあるようです。

その繁殖もそれぞれでやるわけではなく、群れで繁殖するといわれているようです。

スズメの集団で繁殖する理由はわかっていないようですが、相当の数のようですよ。

そもそも、スズメのオスとメスには何か違いがあるのでしょうか。

スズメのオスとメスの見分け方を中心、スズメの生態なども調べました。

スズメのオスとメスの見分け方は?

スズメのオスとメスの見分け方は、かなり難しいようです。

実際、見分ける方法などについては、いまだにわかっていないようです。

そうなると、オス特有の行動で見分けるしかないことになります。

とはいっても、オス特有の行動といえば、メスとの交わりのときです。

スズメのオスは、交わりのときにメスの上になります。

今のところこの姿が確実の見分け方になるようです。

スズメは求愛するときに鳴くことがよく知られていますよね。

このスズメの求愛もあくまで説として、メスがオスを呼んでいるのではないかとのことです。

一方、オスはどんなふうにアピールしているのかというと、鳴き声ではなく、羽を伸ばしてみたり、体をのけぞらせてみたり踊ってメスにアピールするようです。

スズメ オス メス 見分け方

そもそも、スズメは、オスにしてもメスにしても異性に対してはかなり積極的なようですよ。

ライバルの存在があれば、メスをめぐってオス同士で取りあうこともあるようです。

スズメは、この交わりのときに発声する鳴き声があるようです。

ヒヨヒヨといった優しい鳴き声のようですね。

オスが鳴いているのかメスが鳴いているのか調べてみると、オスが鳴くときもあればメスが鳴くときもあるようです。

この鳴き声ではオスかメスかは判断できませんよね。

スズメはこれだけ人間に身近でありながら、見分けがつきにくいことが不思議ですよね。

スポンサードリンク

まとめ

スズメの求愛行動も、積極的なところも一つ一つが可愛らしい感じがしますよね。可愛い顔のわりに、体つきはふっくらしているところも魅力の一つかもしれません。そんな可愛いスズメがオスかメスかわからなくても、巣作りを始めて二人でせっせと材料を集め始めたら、それぞれの行動を見てみるのもいいかもしれません。きっと、重いものを運んでくれるのは、オスのスズメのはず・・と思いたいですよね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事