スズメは日本人にとっては身近な野生の鳥です。スズメが身近に感じる理由は、スズメの生態に秘密がありました。

スズメの習性も他の野鳥よりも人間に近い習性があるそうで、エサを食べる際に見張りを立てるなど意外と頭の良い鳥だそうです。

スズメの習性

スズメが人間のそばで生活をするには、人間によって身を守ってもらうためという説があります。

大きい動物などスズメの天敵となる動物は、人間を怖がったり人間が追い払ったりするのでスズメは人間の生活圏の近くに巣を作って生活をするそうです。

スズメは弱い生き物で天敵も多いですが、頭もよく集団行動もできる鳥です。

すずめ 生態 活動時間 習性

エサを食べる時などは、見張り役のスズメとエサを食べるスズメに分かれて行動をします。常に20羽ぐらいのグループで行動するという習性もあるそうです。

スズメの一日

スズメは朝にチュンチュンと鳴くイメージがあります。スズメが鳴く理由はいくつかありますが、朝に鳴く場合は、オスがメスに対してのアピールのために鳴くという場合が多いそうです。

他に鳴く場合は、エサを見つけたときに仲間に伝えるために鳴くそうです。スズメがエサを食べる時間帯は気温があがった日中で、虫や木の実などを食べます。

また、エサを食べる際に見張りを立てる習性がスズメにはあり、周辺に危険があるときにスズメは鳴き出し合図を出します。

スポンサードリンク

スズメは夕方になると寝るために姿を隠します。スズメは寝るときには茂みであったり草や木の葉の中に隠れて寝ます。家の隙間などに入って寝る場合や自分の巣で寝る場合もあります。

まとめ

スズメは、人間のそばに住みつくという習性があり、スズメの天敵である大型の動物は人間を避ける傾向があるので、それを利用した習性のようです。

スズメが鳴くのは、オスがメスに対してアピールをする場合や、エサを食べているときに、見張り役が危険が迫っていることを知らせるために鳴くという場合が多いようです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事