スズメが朝にチュンチュンと鳴くのは、オスがメスに対してのアピールらしいです。特に鳴くのが繁殖の時期で、3月から9月あたりの時期によく鳴きます。

繁殖期にはスズメも卵を生みますが、一体どのぐらいの卵を生むのでしょうか?

スズメの一生

スズメの寿命というのは、野生のものであれば2年から3年と言われています。飼う場合はもっと長くなるらしいですが、だいたいはそのぐらいの寿命になるそうです。

野生の場合は、天敵も多く、気温の変化も激しくエサが取れない季節などもありますし、長生きは厳しいのですね。

すずめ 産卵回数

スズメの生態について

スズメは、繁殖期になるとオスとメスがつがいになって行動することが多くなります。そのつがいが10組20羽ぐらいで行動することが多くなり、エサを食べる場合などには、見張り役と食べる役に分かれて行動をしたりします。

繁殖期にはオスとメスが一緒になって巣を作り、子育ても一緒に行います。オスとメスは毎年同じつがいになるわけでは無いようですが、それはスズメは寿命が短かったり、天敵に狙われやすいためだと言われています。

エサが少なくなる冬場では、ヒナのエサになる虫や木の実なども少なくなるためか、自分たちが生きる分のエサだけを食べているようです。

スポンサードリンク

スズメの産卵

ニワトリはほぼ毎日卵を生みますが、スズメの場合は、繁殖期に2回程度産卵を行うようです。産卵をし卵を温めて孵化をするまでに12日程度かかりますが、その2日後には巣立ちの時期になります。

繁殖のサイクル自体は結構早いのですが、巣作りや産卵までの時期が結構かかるそうで、全部を合わせると2ヶ月ぐらいに1回のサイクルで繁殖をしていくそうです。

まとめ

スズメは、3月から9月あたりに繁殖期を迎えます。オスとメスがつがいになって行動をすることが多く、集団行動をします。

産卵の周期は2ヶ月に1回のサイクルで、巣作りに10日、産卵までに5日、孵化には12日ぐらいでその2日後には巣立ちの時期になります。

巣立ちのあとは巣の近くで餌を探したり、親からエサをもらったりしているそうです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事