スズメは小型の野鳥で、天敵が多い鳥です。そのため、天敵から身を守るために、いろいろな特徴があるそうです。

スズメには敵も多いが味方も多い

スズメは小さい野鳥で大型の猛禽類の鳥などにも狙われてしまいます。さらには猫などの動物によっても狙われてしまいます。

しかし、敵だけではなくスズメの味方になっているものも多く、それを利用して天敵から身を守っているようです。

すずめ 臆病

スズメの天敵

スズメの天敵となっているのは多く、カラスやタカ、トンビなど自分たちよりも大きい鳥からも狙われ、猫やイタチ、タヌキなどの動物にも襲われてしまいます。

また、近年ではカラスと同じように生ゴミを漁ってエサを食べることや集まって行動をするためにフンの被害のために、人間によって駆除をされたり、スズメが住めない対策が取られていたりもします。

天敵から身を守る方法

スズメには天敵が多いですが、スズメも天敵から身を守るためにいろいろな方法をとっています。その方法が、人間の生活圏内に住む事により、カラスや猫などの天敵から身を守っているようです。

カラスやネコなどは人間を避けたり、人間によって駆除や対策が取られていたりします。クマノミという魚がイソギンチャクによって身を守ってもらうという特徴に似ています。またスズメは集団で生活することでも身を守っています。

スポンサードリンク

スズメは、オスとメスのつがいで、そのつがいが更に集まって20羽ぐらいの集団で生活をします。

エサを食べる際には、エサを安全に食べるために、見張りを立てます。見張りと交替でエサを食べるなど天敵から身を守っているのです。

まとめ

スズメは天敵の多い鳥です。そのため天敵から身を守るためにいろいろな手段をとっています。人間の近くで生活をするというのも、その手段です。

また集団で生活をして、見張りを立てながらエサを食べるなどの方法もとっています。天敵が多いスズメなので臆病になっているのかもしれませんね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事