生態系が不明な点の多いスズメはどこに巣を作るのか気になったので調査してみました。

人によっては、スズメの巣を見たことがある方もいらっしゃると思います。

スズメが好んで巣を作る場所とは

かなりの人が知っているとは思いますが、スズメは人家にも巣を作ります。

場所は屋根の下で人目につかないような所に巣を作ります。

ちょっとした隙間や、穴があれば、スズメは巣を作れるんですね。

人が見つけようとして、探してもかなり見つけづらいのが事実です。

わらなどを一生懸命運ぶスズメを見たことがある人は多いと思います。

時には、その隙間からスズメの子供を見るチャンスもあります。

ピヨピヨと鳴き声のする方を見てみて下さい。なんとも心和む光景ですよ。

スズメ 巣 どこ

また、変わった所ではどのような場所に巣を作るのでしょうか?

変わった所では、街灯の隙間に巣を作っていたりします。

高さもかなりあることから人から見られることはあまりありません。

警戒心の強いスズメですが、かなり思い切った所に巣を作るものです。

都会の中でもスズメは生きていけるのは、この様な習性があるからです。

言い換えれば、都会にも順応した野生動物と言えます。

人目につく可能性があっても、天敵がいないような場所では、巣を作る習性があります。

特に街灯の近くに林でもあれば、餌に困ることはないでしょう。

要は、スズメにとって生活し易いかどうかで巣を作る場所も決まってきます。

スポンサードリンク

まとめ

感想としては、スズメは本当に狭い所に巣を作ると感じます。これも人と共存していく為の方法として結果的になったのかもしれません。屋根の隙間や、街灯に巣を作るスズメには、親近感を覚えます。なかなかスズメについて調査する機会が無かったのですが、ひょっとすると、屋根の下に巣を作ったスズメと友達になれたらなどという創造が働きました。

でも、近年は、マンションなども増えてきてスズメが巣を作れる場所も限られてきているようにも感じます。一つの提案として、スズメや他の自然の動物などを考慮した都市の開発などを行われれば理想的ですね。こうすることで、野生動物に関する問題が一つ一つ解決できればこれ以上の事はないと言えるでしょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事